SWIFT

読み方: すいふと、すうぃふと
分類: 組織・協会・団体

SWIFT(スイフト)は、「国際銀行間金融通信協会」とも呼ばれ、世界各国の金融機関などに高度に安全化された金融メッセージサービスを提供する、金融業界の標準化団体をいいます。これは、グローバルな協同組合であり、現在、金融メッセージサービスの提供の他に、市場慣行の形成、標準化、業界共通の関心や懸念に関する議論のために、グローバル、地域、国のレベルで金融業界のまとめ役もしています。

※SWIFT:"Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication"の略

SWIFTの組織概要

SWIFTは、1973年にベルギー王国のブリュッセルに設立された共同組合形式の団体で、資金付替や顧客送金、外国為替、証券取引、デリバティブなどの安全性の高いグローバルな金融メッセージサービスを提供しています。また、1998年からベルギー国立銀行が首席監督機関となり、G10諸国の中央銀行と協力してSWIFTを監視・評価しています。

現在、SWIFTのグローバルな組織構成は、Americas(南北アメリカ地域)、Asia Pacific(アジア・パシフィック地域)、EMEA(欧州・中東・アフリカ地域)に区分されており、その中で日本はアジア・パシフィック地域に属し、スイフト・ジャパンをオフィスとして、国内向けに各種サービスが提供されています。

SWIFTの事業内容

SWIFTは、金融メッセージングフォーマットの標準と、メッセージングのためのプラットフォームをグローバルに提供し、そのネットワークへのアクセスと業務との統合、認証確認、データ分析、法令遵守を容易にする製品・サービスを提供しています。

現在、SWIFTのメッセージングプラットフォーム及び製品・サービスは、200以上の国・地域で11,000以上の金融機関等を結んでいます。その事業において、顧客の代理として資金を保持したり、口座を管理することはしませんが、グローバルに安全かつ信頼できる方法によって、標準化された金融メッセージを相互に通信することを可能にしています。