SWIFTコード

読み方: すいふとこーど、すうぃふとこーど
英語名: SWIFT CODE
分類: 識別コード

SWIFTコード(スイフトコード)は、「SWIFTアドレス」や「BICコード」とも呼ばれ、SWIFT(国際銀行間金融通信協会)が提供する国際送金システム上で相手方の銀行を特定するために用いられる金融機関識別コードをいいます。これは、ISO(国際標準化機構)によって承認された金融機関識別コードの標準書式(ISO 9362)で、世界各地の銀行を特定するために定められており、現在、8桁または11桁のアルファベットと数字で構成されています。

なお、アメリカ合衆国(米国)においては、SWIFTコードと同じような役割をする「ABAコード(米国内の銀行が個別に保有する銀行番号)」があり、米国の銀行間や米国の銀行に送金する際には、ABAコードが主に用いられることが多いです。

SWIFTコードの構成

SWIFTコードは、「8文字(8桁)」または「11文字(11桁)」で構成されており、以下のような仕組みになっています。通常、8桁のコードを与える場所は本店であることが多く、また11桁の場合、最後の3桁は支店コードなどで使われます(8桁を全店で使うことも多い)。

・最初の4文字:金融機関コード
・次の2文字:ISO国名略号
・次の2文字:所在地コード
・次の3文字(11桁の場合):任意付与

例えば、日本銀行のSWIFTコードは「BOJPJPJT」となっており、「BOJP」は「日本銀行」、「JP」は「日本」、「JT」は「所在地」を指します。

※8桁のコードで、11桁を求められた場合は、最後の3桁に「XXX」を付加する。

SWIFTコードの使用

SWIFTコードは、銀行間の国際送金などにおいて使用されており、国際送金の送金側は、SWIFTコードを使用することにより、受取人保有口座の銀行の固有コードを入力することで、通常、入力が要求される相手方の銀行名や支店名、所在地などの情報を省略し、より確実に、よりスピーディに送金処理を行うことができます。

ちなみに、国際送金などで、海外の銀行の該当コードを調べたい場合には、SWIFTのウェブサイトの「BIC search」で調べることができます。