証券化商品

読み方: しょうけんかしょうひん
分類: 証券化商品

証券化商品は、ローンリース不動産など、将来一定の収益が見込める資産を裏付けとして発行される有価証券のことをいいます。これは、金融機関や企業などが保有する金銭債権や不動産などの特定の資産を切り離し、その資産が生み出すキャッシュフロー(現金収入)を裏付けに発行されるものです。具体的には、住宅ローンや商業用不動産ローン、消費者ローン、自動車ローン、クレジット債権、リース債権などを裏付け(担保)としたものがあります。

一般に証券化商品は、投資家の投資対象の一つとして、投資ポートフォリオのリスク・リターンをコントロールするための有効な手段となるだけでなく、資金を必要とする経済主体への新たな資金調達手段の提供などの形で、金融市場の効率化にも大きく寄与してきました。その一方で、原資産ポートフォリオのリスク・リターンを加工して、それらの一部または全部を投資家に移転(転換)するものであるため、その基となる原資産ポートフォリオとは異なるリスク・リターン構造を持つだけでなく、相対的に複雑な商品性を有するようになりました。

なお、証券化商品には、個別性が強い商品が多く、通常、流通市場での取引量は限られており、取引価格(時価)の評価は必ずしも容易ではありません。

証券化商品の発展と現状

元々は、1980年代初頭の米国の高金利時代において、資金調達コストの増大から積極的に住宅ローンの売却や証券化で資金を回収し、その資金を高金利での運用に充てるという需要が高まったことが市場発展の理由の一つに挙げられます。

その後、欧米で高度な金融技術(金融工学等)の発展に伴い、裏付けとなる原資産ポートフォリオのリスク・リターンを加工・転売することを目的に多様な商品が組成されるようになり、また様々なリスク選好を持つ投資家が各々のニーズに応じた投資を積極化させる中で、世界的に市場が拡大していきました。

2000年代(2007年-2009年)に米国でサブプライムローン問題が起こる前までは、証券化商品は、高い収益性と高い格付けなどから、多くの投資家が何の不安や疑問を持つこともなく、積極的に投資を行ってきました。しかしながら、サブプライムローン問題が起こり、世界的な金融危機によって、多くの投資家が証券化商品で多大な損失を被り、その本当のリスクに気付かされることになりました。

そして、今日では、証券化商品の投資にあたっては、高度なリスク管理の必要性が強く認識されるようになっていますが、一方でその対応は必ずしも十分にできているとは言えません(まだ不十分な面も多い)。

証券化商品の主要なもの

新聞やニュースなどでよく目にする、証券化商品の主要なものには以下があります。

資産担保証券(ABS)

「アセットバック証券」や「アセット・バックト・セキュリティ」とも呼ばれ、各種資産の信用力やキャッシュフローを裏付け(担保)として発行される有価証券の総称をいう(概念的には一番広く、下記のものも含む)。

モーゲージ証券(MBS)

「モーゲージ担保証券」や「モーゲージバック証券」とも呼ばれ、不動産担保融資の債権を裏付けとして発行される有価証券をいう。これには、住宅ローンを担保として発行される「住宅ローン担保証券(RMBS)」や商業用不動産ローンを担保として発行される「商業用不動産ローン担保証券(CMBS)」などの種類がある。

債務担保証券(CDO)

貸付債権(ローン)や債券(公社債)などから構成される金銭債権を担保として発行される有価証券をいう。

社債担保証券(CBO)

複数の社債を裏付け資産(担保資産)として発行される有価証券をいう。