再証券化商品

読み方: さいしょうけんかしょうひん
分類: 金融業務|証券ビジネス

再証券化商品は、証券化商品担保に組成される有価証券のことをいいます。これは、住宅ローン証券、自動車ローン証券、学生ローン証券、商業用不動産ローン担保証券などといった、不動産や債権等を裏付けに発行される証券化商品を複数束ねて組成したものです。

一般に再証券化商品では、リスク特性の異なる証券化商品をまとめて信用リスクを分散させたり、また返済順位に優劣を付けて切り分けたりすることによって、格付機関から高い格付けが与えられます。その一方で、商品の仕組みが非常に複雑となり、裏付けとなる資産が分かりにくいといったデメリットが生じます。

米国のサブプライム問題から始まった、2008年の世界的な金融危機の際には、様々な再証券化商品に組み込まれたサブプライム証券(米国の信用力の低い個人向け住宅ローンであるサブプライムローンを裏付けにした証券)に値段が付かなくなることによって、再証券化商品自体の価値を判断できなくなり、多くの投資家が損失を被る事態となりました。