信用収縮/信用逼迫/信用危機

読み方: しんようしゅうしゅく
英語名: Credit crunch
分類: 与信

信用収縮は、「信用逼迫」や「信用危機」、「クレジット・クランチ」とも呼ばれ、金融システムが極端に逼迫することをいいます。これは、金融機関が融資枠の縮小や融資条件の厳格化などで「貸し渋りのスタンス」を強めて金融が萎縮し、企業が割高の金利を支払っても資金が借りられなくなる(借りずらくなる)状況のことを指します。また、大企業と比べて、信用力の低い中小企業にシワ寄せが来ることが多く、時には貸し渋り貸し剥がしから倒産へと追い込まれることもあります。

一般に信用収縮になると、融資枠と金利の関係も大きく変化し、政策金利は低金利なのに、貸出金利は高金利になるという状況が起きたりします。また、企業の資金繰りに深刻な支障が出るため、景気にも悪影響を与え、さらにリスク回避志向も強まり、金融機関や投資家は、よりリスクの低い国債などに資金を振り向け、質への逃避をもたらします。

ちなみに、日本においては、1997年の山一證券や北海道拓殖銀行などの破綻を契機として、1998年から1999年初めに信用収縮が発生したと言われることが多いです。その背景には、バブル崩壊後の不良債権問題や金融機関のバランスシート調整、BIS規制への対応などがありました。