貸し剥がし

読み方: かしはがし
分類: 金融業務|概念

貸し剥がしは、銀行などの金融機関が既に融資している資金を積極的に回収することをいいます。これは、金融機関が自己の経営安定を最優先し、返済の滞ったことのない企業等に対して、融資を減額したり取りやめたり、あるいは返済期限の到来前に返済を迫ったりするなど、相手先の事情を考えずに資金を強引に回収することを指します。(本用語には、「ひどい仕打ち」という意味が含まれており、金融機関に対する不満が込められている)

一般に貸し剥がしは、融資に消極的になる「貸し渋り」と共に、不景気の時(景気減速の局面)に顕著となり、不良債権リスクを回避したい金融機関が所定の自己資本比率を確保するため、自己防衛として行うものです。通常、その対象先は、業績が低迷する大企業や資本力のない中小企業などであり、時として経営に大きな問題がないのに、倒産に追い込まれることもあります。

日本においては、バブル崩壊後の1990年代半ば以降、巨額の不良債権を抱えた銀行などが、自己資本比率を確保するために貸し渋りや貸し剥がしを積極的に行い、これによって資金繰りの悪化による企業の連鎖倒産が相次ぎ、大きな社会問題となりました。また、今日でも、貸し渋りや貸し剥がしは必ずしもなくなっておらず、特に不景気の時は、金融機関は社会的な使命を忘れて自己防衛に走る姿勢は全く変わっていません。なお、海外においても、世界的な金融危機(サブプライムショック)や欧州債務危機などのクレジットクランチの際に、同じような状況が起っています。

※貸し渋りや貸し剥がしの問題に対して、国(政府)の方では、過去に融資促進を目的とした各種政策や金融機関への検査などを実施したが、必ずしもうまくいったとは言えない。現在、景気回復により、これらの問題は少なくなったが、金融機関の融資姿勢は未だに慎重であり、日本の金融システムは未だに健全(良好)とまでは言えない状況にある。