自己資本比率

読み方: じこしほんひりつ
英語名: Capital ratio, Equity ratio
分類: 財務・会計|財務分析

自己資本比率は、「株主資本比率」とも呼ばれ、企業の総資本に対する自己資本(純資産)の割合(比率)を示すものをいいます。これは、財務体質の安全性を見る基本的な指標の一つで、また業種によってその水準が大きく異なるので、相対的にチェックする場合には、同業種の競合企業と比較するのがよいです。

一般に企業の総資本は、返済を必要としない自己資本(資本金法定準備金、剰余金等)と返済を必要とする他人資本(借入金、社債等)に分けられ、自己資本比率が高いほど、返済や金利負担のある他人資本(負債)が少ないことになるため、企業経営の安全度が高いと言えます。また、本比率を高めるためには、税引き後利益の蓄積である剰余金を増加させるか、または非効率な資産を圧縮するかなどの施策が必要となります。

なお、2006年の会社法の施行後は、「資本の部」に代わり「純資産の部」となったことにより、その構成項目が変わったため、自己資本の定義は曖昧になりました。実際、自己資本を純資産を指して使うこともあれば、株主資本を指して使うこともあります。

・自己資本比率(%)=(自己資本÷総資本)×100
・総資本=自己資本+他人資本

※本比率の計算の際には、新株予約権と少数株主持分は含まず。