リスク・アセット

英語名: Risk-Weighted Assets
分類: 金融業務|規制

リスク・アセットは、広義には、収益に不確実性を伴う有価証券外国為替融資デリバティブなどリスクのある資産のことをいいます。これは、狭義(金融業界)では、BIS規制における自己資本比率を計算する際の分母となるもので、信用リスク(資産の各項目に各々のリスクウェイトを乗じて得た額の合計額)、マーケットリスク(資産の市場変動リスク相当額)、オペレーショナルリスク(種々の事故リスク相当額)の和を指します。(自己資本比率は「自己資本/リスクアセット」で算出される)

現在、BIS規制の対象となる銀行では、リスクカテゴリー毎に複数の計算方法の中から一つの計算方法を選んで、リスクアセットを計算しています。例えば、信用リスクについては、貸出債権や有価証券などの保有金額に対し、資産の種類や外部格付けに応じて予め定められているリスクウェイトを乗じて計算する「標準的手法」の他に、監督当局の承認を得て、各銀行が有する内部格付けに基づいてより精緻に計算する「内部格付手法」を採用することも認められています。