与信ダンピング

読み方: よしんだんぴんぐ
分類: 与信

与信ダンピングは、与信基準を大幅に引き下げることで、より多くの与信を行うことをいいます。これは、一時的な顧客獲得増には寄与しますが、中長期の収益面では「不良債権を増大させる」ことが大半で、プラスに作用することはほとんどありません。

<与信タンピングの具体例>

クレジットカード会社消費者金融会社などで、これまでに競合企業との競争に勝つために、与信面より顧客獲得を最優先して、与信ダンピングが行われることが何度もあった。

●日本のバブル期において、異常な金あまり状況の中、銀行などの金融機関が与信基準を大きく引き下げて融資競争を行ったが、バブル崩壊後には不良債権の山に悩まされることになった。