収益分配金

読み方: しゅうえきぶんぱいきん
分類: 投資信託|リターン

収益分配金は、投資信託(ファンド)の決算期ごとに受益者に分配される収益金のことをいいます。これは、株式で言えば「配当金」のようなもので、ファンドの運用益から経費(信託報酬とその他費用の合計額)を控除した後、投信会社(委託会社)が信託約款で定める収益分配方針に基づき、受益者に分配されるものです。また、ファンドには、大きく分けて、収益分配金が「支払われるもの(分配型)」と「再投資されるもの(無分配型)」とがあります。

一般に追加型株式投資信託の収益分配金には、「普通分配金」と「特別分配金元本払戻金)」の二つがあります。前者の普通分配金とは、運用において利子・配当金や売買益等から得ることができる分配金のことをいい、所得税法上は一律20%の源泉税が課されます(課税扱い)。一方で後者の特別分配金とは、収益調整金を原資として支払われる分配金のことをいい、所得税法上は元本の払戻しとして非課税となります(非課税扱い)。

単位型投資信託の収益分配金

通常、決算期末に元本を上回っている場合、公社債型や株式型にかかわらず、経費を差し引いた後の利息・配当収入か、元本超過額のどちらか多い方を限度として、収益分配金が支払われます。

追加型投資信託の収益分配金

●追加型公社債投資信託

通常、決算日に期末の基準価額が1円または1万円を上回る部分は、すべて分配されます。

●追加型株式投資信託

通常、普通分配金と特別分配金に区分されます。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。