投資信託とは何か?

投資信託とは、投資家から集めた資金を一つにまとめ、運用の専門家(プロ)が短期金融商品や債券、株式、不動産などで運用し、その運用成果に応じて収益を分配する金融商品をいいます。現在、その種類には、主に有価証券(公社債・株式等)を組み入れて運用する「証券投資信託」の他に、不動産を中心に運用する「不動産投資信託」や、様々な投資信託に投資する「ファンド・オブ・ファンズ」などもあります。

一般に投資信託は、運用がうまくいけば、預貯金以上のリターン(収益)を得ることができますが、一方で運用がうまくいかなければ、元本割れするリスクもあります。そのため、運用する際には、自己責任が強く求められます。ここでは、投資信託を知る第一歩として、「投資信託とは何か?」について見てみましょう。

投資信託とは?

投資信託は、投資家から集めた資金を、専門の機関(会社)が運用し、その運用成果を投資家に配分する制度(仕組み)をいいます。

・多くの投資家から資金を集める
・集められた資金を1つにまとめ、ファンドが組成される
・運用のプロが公社債株式などで運用(分散投資)する
・運用成果に応じて、投資家に収益が還元される

投資信託が預貯金と違うところは?

投資信託は、少ない資金(投資金額)でも効率的な運用が行えるように作られた「投資商品」であり、預貯金とは異なり、元本保証されません。また、運用の際には、商品の仕組みをよく理解することが必要であり、自己責任が求められます。

元本保証の金融商品ではない
-運用実績が悪い場合、元本割れもあり
・運用成果によって収益が大きく変動する
・収益は運営経費を除いて公平に投資家に還元される
・購入時や解約時に手数料がかかる
ノーロードファンドは購入時の手数料が無料
預金保険制度の対象外である

投資信託の運用成果の還元方法は?

投資信託は、市場環境などによって運用成績が常に変動し、通常、その成果は以下のように還元されます。

分配金として、投資したお金の割合に応じて投資家に還元する
基準価額に上乗せされる形や、口数の分割という形で還元する