投資信託の分類は?

資産運用において、投資信託(ファンド)は、他の金融商品と比べて、バラエティーに富んでいます。現在、その分類の仕方にはいくつかありますが、一度その内容を理解しておけば、ファンドを検討する際に一つの参考になります。ここでは、投資信託の分類方法について見てみましょう。

設定された地域による分類

投資信託は、設定された地域によって分類することができます。

・国内投資信託
-国内で設定されたファンド
・外国投資信託
-海外で設定されたファンド

組成される形態による分類

投資信託は、組成される形態によって分類することができます。

・契約型投資信託
-運用会社と信託銀行等が信託契約を結ぶことにより組成
・会社型投資信託
-投資を目的とする法人を設立することによって組成(投資法人)

投資対象による分類

投資信託は、投資対象によって分類することができます。

・公社債投資信託
-株式を一切組入れないで運用するファンド(主に短期金融商品や債券で運用)
・株式投資信託
-株式を組入れて運用できるファンド

購入できる時期による分類

投資信託は、購入できる時期によって分類することができます。

|単位型投資信託(ユニット型投信)

購入が設定前の募集期間だけに限られ、設定後は償還まで資金の途中追加ができない投資信託をいいます。

・定時定形型投資信託
-同じ商品特性のものが毎月設定されるファンド
・スポット型投資信託
-その時々の投資家ニーズに合わせてタイムリーに設定されるファンド

|追加型投資信託(オープン型投信)

運用開始後も購入できる(資金の追加設定ができる)投資信託をいいます。

投資信託協会が定める商品分類

・単位型・追加型
-単位型、追加型
・投資対象地域
-国内、海外、内外
・投資対象資産(収益の源泉)
-株式、債券、不動産投信、その他資産、資産複合
・独立区分
-MMF、MRF、ETF
・補足分類
-インデックス型、特殊型