投資信託の活用にあたっては?

投資信託には、投資対象運用方針、リスク度など、それぞれ異なる様々なタイプがあります。初心者のうちは、その中から自分にあったファンドを選択し、購入することは中々難しいかもしれません。また、購入した後も、全ファンドのポートフォリオをチェックしたり、個別ファンドの運用状況をチェックしたりするなど、自己責任で管理しなければなりません。

このように投資信託を活用するにあたっては、様々なことを考慮する必要があり、ここでは、投資信託の購入前のチェック事項、購入後のチェック事項、リスクを分散する方法について見てみましょう。

投資信託の購入前のチェック事項

投資信託の購入前には、以下のようなことをチェックしましょう。

・投資目的の明確化
-どのような目的で投資するのか → 投資資金の性格
・投資期間の設定
-投資目的にあった期間か
・目標収益、損失許容限度の設定
-どのくらいの収益を目指すのか
-どのくらいの損失が出たら見直しを考えるのか
・タイミング
-投資する市場環境はどうか
・ポートフォリオ
-目的に合ったファンドは何か → 投資対象、投資方針、リスクなど

投資信託の購入後のチェック事項

投資信託の購入後には、以下のようなことをチェックしましょう。

・ポートフォリオの管理
-運用収益は全体(保有する全てのファンド)でどうか
-ポートフォリオの時価評価額は
-ポートフォリオの構成は → ファンドの見直しは適宜必要
・個別ファンドの運用状況の確認
-基準価額の動向は
-運用概況は(レポート、運用報告書など)
・自分の投資スタイルの確立
-投資スキルは(知識、経験、方法など)

投資信託のリスクを分散する方法

投資信託にはリスクが付きものですが、例えば、以下のような方法で、リスクを分散することができます。

・中長期投資
-中長期にわたって投資する → 複利効果、時間によるリスク分散
分散投資
-リスク特性の異なるファンドを組み合わす → ファンド分散
・積立投資
-毎月一定額ずつ購入するなど買付単価の平準化 → ドルコスト平均効果