投資信託のリターンとリスクは?

投資信託には、リスク度合いの異なる様々なファンドがあります。例えば、MMFMRF公社債投信など、債券を中心に運用するものは、リスクは比較的小さいですが、その分、リターンも限られてきます。その一方で、国内株式型ファンドや海外株式型ファンドなど、株式を中心に運用するものは、リスクは大きくなりますが、その分、リターンも期待できます。

一般に投資信託のリスクリターンは「トレードオフ」の関係にあり、実際にファンドで運用する際には、この点をよく理解しておくことが必要です。ここでは、投資信託のリターンとリスクについて見てみましょう。

投資信託のリターンは?

投資信託のリターンは、通常、MMFやMRF、公社債投信などを除けば、「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」から構成されます。

・インカムゲイン
分配金(毎月・半年・1年毎などに運用成果が還元される)
・キャピタルゲイン
-売却益(=売却価額-購入価額)
-償還差益(=償還価額-購入価額)

投資信託の基本リスクは?

投資信託の基本リスクは、通常、MMFやMRF、公社債投信などを除けば、ファンドの基準価額が変動する「価格変動リスク」に常に注意する必要があります。

・価格変動リスク
-ファンドの基準価額が上下に動くこと
-ファンドが持つ固有リスク(投資対象のリスク)が要因

投資信託の固有リスクは?

投資信託の基準価額が変動する「価格変動リスク」には、ファンド毎に異なる、下記のような「固有リスク」が反映されています。

金利リスク
-経済や市場動向などによって金利が変動するリスクのこと
・価格変動リスク
-債券や株式など価格が変動(上下)するリスクのこと
信用リスク
-発行体が倒産するなど債券や株式などが紙屑になるリスクのこと
為替リスク
-為替の変動によって為替差損が生じるリスクのこと

投資信託のリスクとリターンの関係は?

投資信託(ファンド)は、リスクとリターンにおいて、「トレードオフ」の関係が常に成り立っています。

・リスクが大きければ、リターンは大きくなる
・リスクが小さければ、リターンは小さくなる