為替リスク

読み方: かわせりすく
英語名: Foreign currency risk
分類: リスクとリターン

為替リスクは、為替相場の変動の影響によるリスクのことをいいます。これは、外貨建て資産(負債)の保有者が為替相場の変動(下落・上昇)によって、為替差損(損失)を被る危険性のことを意味します。

一般に円貨外貨の交換など外国為替市場は常に変動しているため、為替相場の動向によって、外貨建て資産(負債)には「予期せぬ損益」が生じることがよくあります。また、過去の経験則として、1年に数回は、為替相場が大きく動くことがあります。

そのため、外貨建ての取引にあたっては、為替リスクの管理(対応)は常に重要となっています。

個人と企業の為替リスクの認識

例えば、個人にとって身近な外貨建て資産(商品)である外貨預金や外貨MMF、外国債券、外国為替証拠金取引などでは、為替相場の変動によって為替差損が発生することがあるので注意が必要です。また、輸出入を行う企業においては、米ドルユーロなどの為替相場の変動は企業収益に大きな影響を与えるので、その対応は経営上、非常に重要となります。

外貨建て金融商品の為替リスクによる影響

外貨建て金融商品の為替リスクによる影響は、以下のとおりです。

●外貨預金、外貨MMF、外国債券

・購入時点より円安になると利息や償還金の手取額が増える。
・購入時点より円高になると利息や償還金の手取額が減る。

●外国為替証拠金取引(ドル/円の場合)

・ロング(買い持ち)で円安になると為替差益が発生する。
・ロング(買い持ち)で円高になると為替差損が発生する。
・ショート(売り持ち)で円安になると為替差損が発生する。
・ショート(売り持ち)で円高になると為替差益が発生する。

為替リスクの回避手段

為替リスクの回避手段として、カバー取引とヘッジ取引があります。

|カバー取引|
ポジションスクエアにするために行う反対取引。

|ヘッジ取引|
一部の金額や一定の期間などでリスクを回避する取引。

※現実にはカバー(cover)とヘッジ(hedge)は、同じような意味で曖昧に使われることが多い。