価格変動リスク

読み方: かかくへんどうりすく
英語名: Price fluctuation risk
分類: リスクとリターン

価格変動リスクは、投資対象の価格が変動することによるリスクをいいます。これは、マーケット(市場)で取引価格(時価)が変動することにより、投資した金融商品の価格が変動するリスクのこと、または投資した金融商品の価格が変動することにより、当初期待していた収益(リターン)が得られなくなる可能性(リスク)のことを指します。

一般に金融商品のリスクとは、"損益の不確実性"を意味し、取引(投資)した直後から「価格変動リスク」にさらされ、すぐに評価益(含み益)または評価損(含み損)が発生することになります。なお、本リスクを定量的に分析する場合は、実際の値動きをもとに、標準偏差などの統計指標を使って算出します。

価格変動リスクの対象商品

価格変動リスクの対象となるものとして、株式や債券、投資信託、ETF、ETN、REIT、外貨預金、外国為替証拠金取引、CFD取引、株価指数先物・オプション取引、バイナリーオプション、商品先物取引、金、プラチナ、変額年金保険などがあります。

価格変動リスクの仕組み

価格変動リスクは、日々取引される金融商品の価格が、世界情勢や経済環境、社会状況、天変地異、金利、為替、株価、商品市況などの状況によって「変動する可能性」のことであり、通常、「市場リスク(市場全体の動きによるもの)」と「個別リスク(商品特有の問題)によるもの」との2つに分けて考えることができます。

また、大きなリターンが期待できる金融商品は、価格変動リスクも大きくなるのに対して、小さなリターンしか期待できない金融商品は、価格変動リスクも小さくなる傾向があります。