円高

読み方: えんだか
分類: 外貨投資|トレンド

円高は、為替レート(為替相場)において、日本円外国通貨外貨)に対して強くなることをいいます。これは、外国為替市場において、円の価値が高くなることを意味し、例えば、ドル/円では、1ドルが110円から100円になるようなケースが挙げられます。

日本の為替相場の歴史の中で、円が1973年2月に変動相場制に移行した後は、円に対する各国通貨はその時々の経済情勢によって価値が大きく変動するようになりました。1985~1988年の円高は、日本の経常収支の黒字や高い経済成長率、各国協調(プラザ合意)によるドル高是正などのために起きました。また、その後も、1993年7月には1ドル=100円台、1995年4月には80円割れとなり、2000年代は何度か円高と円安を繰り返し、2009年にはサブプライムローン問題に発した世界的金融危機により再度1ドル=80円台となりました。そして、2010年代に入り、欧州債務危機や米国の量的緩和政策などにより、2011年には超円高の1ドル=70円台となりました。

一般に円高になると、輸入関連産業が恩恵を受ける一方で、輸出関連産業は損失(為替差損等)を被ることになり、現在、日本は世界の中で輸出立国のため、政治家や産業界(製造業等)では、輸出競争力において優位な「円安」を望むことが多いです。

なお、為替相場の円高や円安の水準は相対的なものであるため、メジャー通貨米ドルユーロの水準と比較できる「日経通貨インデックス」は結構便利です。