投資信託の仕組みは?

投資信託(契約型)は、投資家から集められた資金をもとに、販売会社、運用会社、管理会社の3者が役割を分担し、効率的に運用されています。

まず、販売会社である証券会社銀行保険会社などは、投資信託(ファンド)の募集および販売を行い、投資家から資金を集めます。次に、運用会社(委託会社)である投資信託委託会社などは、その資金をもとにファンドを組成し、管理会社(受託会社)へ運用の指図を行います。そして、管理会社である信託銀行などは、その指図をもとに受託した資金を株式債券などに投資し、資金の管理を行います。

このようにして運用によって得られた収益は、販売会社などを通して分配金基準価額へ上乗せされた形で、最終的に投資家へ還元される仕組みとなっています。ここでは、投資信託の仕組みについて見てみましょう。

販売会社の役割-証券会社、銀行、保険会社、投信会社

販売会社は、投資家(顧客)毎に口座を管理し、ファンドの販売や換金、分配金や償還金の支払いなどを行います。また、顧客に対して、ファンドの商品内容を説明したり、運用相談にのったりします。

・ファンドの募集・販売
・分配金や償還金等の支払い
・目論見書の交付
・運用報告書や計算書等の交付 他

運用会社の役割-投信会社

運用会社は、市場環境や顧客ニーズに合ったファンドを企画・設定し、投資家から集めた資金(信託財産)を運用します。また、受託会社に運用の指図を行います。

・ファンドの設計
運用方針の決定
・経済・市場・企業など各種調査分析
目論見書運用報告書の作成
受益証券の募集・発行
・運用の指図
・基準価額の計算 他

管理会社の役割-信託銀行、信託業務を営む銀行

管理会社は、運用会社からの運用の指図に従って、ファンドの信託財産から株式や債券などの売買を行います。なお、投資家から集められた信託財産は、自社の財産とは区別して保管・管理(分別管理)されています。

・信託財産の管理
・有価証券への投資・管理
・受益証券の認証 他

投資信託の仕組み