投資信託委託会社

読み方: とうししんたくいたくがいしゃ
分類: 業界

投資信託委託会社は、「投信会社」や「委託会社」、「運用会社」とも呼ばれ、内閣総理大臣の登録を受けて、投資信託(ファンド)の運営・管理を行う会社のことをいいます。これは、厳密には、金融商品取引法で規定する委託者指図型投資信託委託者(金融商品取引法に基づき投資運用業を行うものに限る)のことを指し、金融庁への登録により投資信託の運用を行うことができます。

一般に投資信託委託会社は、ファンドの設定・運用・管理が主な業務ですが、会社によっては、ファンドを直販しているところもあります。ここでは、投資信託委託会社の概要について、簡単にまとめてみました。

投資信託委託会社の種類

投資信託委託会社は、国内系と外資系の2つに分類することができます。

・国内系投信会社
-証券会社系
-銀行系
-保険会社系
-事業会社系
-独立系
・外資系投信会社

投資信託委託会社の主な業務

投資信託委託会社は、以下のような業務を行っています。

・投資信託の運用の指図
・信託約款の作成・締結・届出
信託財産の設定
・信託財産に組み入れた有価証券の議決権等の指図行使
・信託財産の計算(毎営業日の基準価額の計算)
受益証券の発行
目論見書の作成・交付
運用報告書の作成・交付 他

投資信託(ファンド)の販売ルート

現在、日本において、投資信託(ファンド)の大半は、金通機関(証券会社や銀行など)を通した販売が中心となっており、以下は、ファンドの販売ルートです。

・販売会社(金融機関等)を通して販売
・販売会社(金融機関等)と自社で販売
・自社でのみ販売(コスト削減)