信託財産

読み方: しんたくざいさん
分類: 信託|基本概念

信託財産は、受託者信託目的に従って、受益者のために管理や処分などをする財産のことをいいます。これは、信託設定時に委託者から受託者へ移転され、受託者名義となりますが、受託者は勝手に(自由に)処分することができません。というのは、信託財産が信託目的に従って拘束されており、受託者から独立した財産になっているからであり、これを「信託財産の独立性」と呼びます。

現在、信託法では、信託財産の独立性を確保するために、信託財産に対する強制執行等の制限、受託者の破産等、信託財産に関する相殺の制限の規定を設けています。

信託財産の種類

一般に委託者が受託者に信託することができる財産の種類には、特に制限がありません。通常、分別管理できるものであれば、信託法第1条の規定に基づいて、財産権一般が対象となり、具体的には、金銭、有価証券、金銭債権、動産、土地・建物、知的財産権などが挙げられます。

投資信託の信託財産の意味

投資信託では、信託財産を「ファンドの資産全体」を指す言葉として使われています。この場合、委託者(運用会社)から託された資産(投資家の資金)を受託者(信託銀行等)の名義として、委託者が定めた一定の目的に従って運用を行う財産のことを意味します。