信託契約

読み方: しんたくけいやく
分類: 信託|基本概念

信託契約は、委託者が所有する財産を受託者に移転し、信託目的(所定の目的)に従い、受託者に本財産の管理や処分をさせる契約のことをいいます。これは、投資信託においては、契約型投資信託の運用や資産の管理を行う際に、委託者(投資信託会社)と受託者(信託銀行など)が結ぶ契約のことを指します。

現在、日本の契約型投資信託は、信託制度に基づき、信託財産の運用・指図を行う委託者と信託財産の保管管理を行う受託者が投資信託契約を結び、その成果を受益者に還元する仕組みで運営されています。