信託行為

読み方: しんたくこうい
分類: 信託|基本概念

信託行為は、信託を設定する法律行為をいいます。これには、「信託契約」と「遺言」と「自己信託」の3つがあり、また信託とは、委託者受託者に対して財産権の移転その他の処分をし、信託目的に従って、受託者が受益者のために信託財産の管理や処分をすることをいいます。

一般に信託行為では、信託の設定において、その財産権を受託者へ移転するものであり、単なる事務委任とは一線を画すため、受託者によってなされる信託財産の管理やその処分行為は、受託者の名において行われることになります。