信託

読み方: しんたく
分類: 信託|基本概念

信託は、委託者受託者(信頼できる人)に財産権の移転などを行い、受託者に対して一定の目的に従って、財産の管理や処分などをさせることをいいます。これは、委託者が信託契約や遺言などの信託行為によって、受託者に対して、金銭や有価証券、土地や建物などの財産を移転し、受託者は委託者が設定した信託目的に従って、受益者のためにその財産(信託財産)の管理や処分などをする制度となっています。

現在、日本において、信託の担い手は、信託兼営金融機関信託会社などとなっています。その中でも、一番身近な信託銀行では、信託業務(金銭の信託、有価証券の信託、金銭債権の信託、不動産の信託、動産の信託等)と併営業務(不動産関連業務、証券代行業務、相続関連業務等)を行っています。

信託の委託者

委託者とは、信託契約において、信託の設定者のことで、その財産(信託財産)を受託者に移転し、信託目的に従って受益者のために、受託者に信託財産の管理や処分などをさせる者をいいます。

信託の受託者

受託者とは、信託契約において、委託者から信託財産の移転を受け、信託目的に従って、受益者のために信託財産の管理または処分、およびその他の当該目的の達成のために必要な行為をする者をいいます。

信託の受益者

受益者とは、受託者に対して、信託行為に基づいて信託利益の給付を受ける権利(受益債権)を有する者をいい、委託者と同一人である場合もあれば、別人である場合もあります。