ジニーメイ/米連邦政府抵当金庫

英語名: Government National Mortgage Association(Ginnie Mae)
分類: 米国

ジニーメイ(Ginnie Mae)は、「米連邦政府抵当金庫(米国政府抵当金庫)」とも呼ばれ、アメリカ合衆国のHUD(住宅都市開発省)の下で、1968年にファニーメイ(米連邦住宅抵当金庫)が民営化される際に分離し、全額政府出資で設立された機関をいいます。これは、同じHUDの管轄下にあるFHA(連邦住宅庁)等の公的保険・保証が付保された住宅ローンを担保として組成されたモーゲージ証券の保証業務を行っている政府機関です。また、その役割は、米国のモーゲージ市場に流動性を与え、資本市場からモーゲージ市場に資金を呼び込むことにより、米連邦政府の住宅プログラムを支援することとなっています。

一般にジニーメイは、HUD(住宅都市開発省)の一部局で、連邦政府機関(Government Agency)であるため、その保証は、通常、連邦政府による支払保証を意味します(ローン債権は保有しないが、モーゲージ証券を組成しているローンの債務者が元利金の支払いを滞納した場合に元利金の支払いを保証する)。なお、ファニーメイ(米連邦住宅抵当金庫)やフレディマック(米連邦住宅貸付抵当公社)と異なり、証券の発行や売買は行っていません。