ファニーメイ/米連邦住宅抵当金庫

英語名: Federal National Mortgage Association(FNMA)
分類: 米国

ファニーメイ(Fannie Mae)は、「Federal National Mortgage Association」の通称で、「米連邦住宅抵当金庫」とも呼ばれます。これは、アメリカ合衆国のGSEの一つで、住宅ローンの債権買い取りや証券化などが主な業務の金融機関をいいます。また、GSEとは、「Government Sponsored Enterprises(政府支援法人)」のことで、形式的には民間の株式会社ですが、その債務(発行債券等)には特に明示的な政府保証がないにも関わらず、市場では「暗黙の政府保証」が期待されており、米国政府と同等の信用力が認められています。

1938年に大恐慌の痛手が残る米経済建直しの一環として、ファニーメイは米国民の住宅保有を促進する目的で政府系金融機関として創設され、その後、業容を拡大していく中、1968年に民営化されました。また、1970年にニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場し、長い間、住宅ローン債権を民間金融機関から買い取り、証券化して投資家に移転する仲介役として、米国の住宅ローン市場拡大の原動力となってきました(主な事業内容は、パススルー証券や、パススルー証券を裏付け証券として発行されるモーゲージ証券を発行・保証することであり、住宅ローン利用者の信用リスクを負担した)。

しかしながら、2000年代後半に米国を揺るがしたサブライム問題により経営が大きく悪化し、2008年に競合関係にあるフレディマックと共に経営が破綻しました(公的資金を注入)。そして、同年成立した米住宅経済復興法(HERA)に基づき、現在は、連邦住宅公社監督局(OFHEO)や連邦住宅金融理事会(FHFB)などを統合してできた「米連邦住宅金融庁(FHFA)」の監督下に置かれています。