シルクロード基金

読み方: しるくろーどききん
英語名: Silk Road Fund
分類: 中国

シルクロード基金は、2014年末に中華人民共和国がアジアのインフラを整備するために、独自に創設したファンドをいいます。これは、2015年に国際機関として創設した「アジアインフラ投資銀行(AIIB)」とは異なり、中国独自の政策判断で投資先を決めるもので、外貨準備のほか中国国家開発銀行などが出資し、400億ドル規模となっています。(中国政府内では、AIIBは財政省、本基金は中国人民銀行が所管)

一般にシルクロード基金は、中国がアジアに自国の影響力の強い経済圏の構築を目指す「シルクロード(一帯一路)構想」を資金面で支える枠組みとなっています。また、中国の掲げる「一帯一路構想」とは、アジアから欧州まで、鉄道や道路、送電網、港湾など陸と海のインフラを2ルートで整備し、巨大な地域経済圏を構築するというもので、2015年4月に決定された「パキスタンの水力発電所の建設事業」が本基金の第1号案件となりました。