債務の罠(債務のわな)

読み方: さいむのわな
英語名: Debt trap
分類: 概念

債務の罠(債務のわな)は、「債務トラップ」とも呼ばれ、主に開発途上国(債務国)において、二国間の国際援助等の債務により、債務国の政策や外交、インフラ運営などが支援国(債権国)の拘束を受けることをいいます。これは、中国のシルクロード経済圏構想「一帯一路」の一環として、中国からの融資が一部の途上国で返済不能に陥り、2018年頃から世界的に注目されるようになりました。

一般に途上国が債務のわなに陥ると、重い債務負担(借金漬け)に苦しむと共に、債権国から返済の圧迫を受け、ついには返済の代償を求められることがあります。例えば、スリランカでは、中国から高金利の融資を受けて港湾(ハンバントタ港)建設を行いましたが、最終的に返済不能になって、2018年にハンバントタ港の運営権を中国国有企業に99年間貸与する契約が結ばれました(港湾施設が実質的に中国の支配下となった)。

なお、中国は、スリランカなどのケースで国際的な非難を受け、また2019年のG20では「債務のわな」が議題の一つに取り上げられ、開発途上国向け融資について、返済可能な範囲にとどめる「質の高いインフラ投資」を原則とすることで合意しました(中国は依然として融資実態を公表しておらず、改善には程遠い)。