日経500種平均株価

読み方: にっけい500しゅへいきんかぶか
英語名: Nikkei 500 Stock Average
分類: インデックス|日経

日経500種平均株価は、「日経500平均」とも呼ばれ、日本経済新聞社が算出・公表している、東京証券取引所市場第一部に上場する500銘柄を対象に、日経平均株価と同じ「ダウ式平均」により算出する株価指数(修正平均株価)をいいます。これは、日経平均に対して、対象銘柄数を500に拡大し、より広く市場実勢を反映させると共に、対象銘柄は固定せず、毎年全面的に見直すなどの特徴があり、公表開始は1982年1月4日で、1972年1月4日(同日の指数値は223.70)まで遡及計算しています。また、この500銘柄をベースとして、日経業種中分類(36種)による「業種別日経平均株価」も併せて算出しています。

日経500平均の銘柄管理

・対象銘柄は、東証1部に上場する銘柄(親株式、内国株)。ただし、ETFREIT優先出資証券、子会社連動配当株式等の普通株式以外を除く。
・毎年4月初に、過去3年間の売買高、売買代金、時価総額をランキングした結果で、構成銘柄の定期見直しを実施する。選定過程において、前年の銘柄は参考にしない。
・経営再編や経営破綻などで欠員が出る場合には「臨時入替」で銘柄補充し、500銘柄を維持する。

日経500平均の算出方法

・旧額面制度を継承した「みなし額面」を各構成銘柄に設定し、この額面で換算した構成銘柄株価の合計金額を「除数」で割って算出する。
・各構成銘柄の株価は、1.特別気配または連続約定気配、2.現在値、3.基準価格の優先順で採用する。

※修正が発生する事由や修正方法は、日経平均株価の場合と同じ。
※除数は、株価平均を算出する際に、市況変動によらない価格変動を調整し、連続性を維持するためのもの。