韓国総合株価指数(KOSPI指数)

読み方: かんこくそうごうかぶかしすう
英語名: Korea Composite Stock Price Index (KOSPI)
分類: インデックス|韓国

韓国総合株価指数は、「KOSPI指数(コスピ指数)」とも呼ばれ、韓国取引所(KRX)の全上場銘柄(普通株)からなる時価総額加重平均指数をいいます。これは、アジアのソウル株式市場の代表的な株価指数で、1980年1月4日を基準日とし、その日の時価総額を100として算出されます。また、韓国取引所とは、2005年1月に韓国証券取引所、KOSDAQおよび韓国先物取引所の合併により設立された、韓国唯一の総合取引所です。

一般に韓国総合株価指数は、アジアの中でも注目度の高いソウル株式市場(韓国株)の全体動向を知ることができる株価指標であり、また関連する指標として、本市場の全上場銘柄より市場代表性、業種代表性および流動性を勘案して決定された200のプルーチップスを対象とする時価総額加重型平均指数の「韓国200種株価指数(KOSPI200)」や、KSPI200の時価総額上位100銘柄で構成される「韓国100種株価指数(KOSPI100)」などがあります。