第三分野保険

読み方: だいさんぶんやほけん
分類: 保険区分

第三分野保険は、単に「第三分野」とも呼ばれ、時代の変化の中で、生損保の垣根が低くなり、明確に区分できない保険のことをいいます。これは、保険業法で規定する分類の一つで、生命保険業(第一分野)と損害保険業(第二分野)のどちらの保険会社でも取り扱うことのできる保険分野であり、具体的には、医療保険ガン保険介護保険傷害保険所得補償保険などが該当します。