現提

読み方: げんてい
分類: 取引・決済

現提は、「現渡し」や「品渡し」とも呼ばれ、信用取引商品先物取引などの決済方法の一つで、売り建てた玉を決済する時に、売り付けた現物(株式や商品など)を渡して、代金を受け取ることをいいます。これは、株式の信用取引では、つなぎ売りや両建て取引などの「信用売り空売り)」において、売り建てた銘柄(株式)を決済する時に、それと同種同量の株式を渡して、代金を受け取ることを指します。また、商品先物取引では、主に法人がこの方法を利用し、一方で個人が利用することはほとんどありません(できません)。

一般に信用取引や商品先物取引などで売り建てた時には、反対売買(買い戻し)をして差額を受け渡して決済する方法と、現物を渡して品貸料などの金銭を受け渡して決済する方法があり、現提は後者の方法を言います。