トータルリターン

英語名: Total Return
分類: リスクとリターン

トータルリターンは、一定期間内において、株式や債券、投資信託、外国為替証拠金取引などの投資商品で運用することにより得られる総合収益をいいます。これは、キャピタルゲイン(またはキャピタルロス)とインカムゲインの合計額、もしくは、この合計額を投資金額で割ってパーセンテージ(%)で表したものを指します。

一般的にトータルリターンは、投資金額に対して、どれくらい儲かっているか損しているかを把握するものであり、運用(投資)の損益管理において基本となるものです。なお、キャピタルゲインには、売却益や差金決済益、償還差益、為替差益などがあり、またインカムゲインには、配当や利子、分配金、スワップポイントなどがあります。

株式のトータルリターン

株式投資には、現物取引信用取引の二つがあり、株式のトータルリターンは、個人の場合、自分自身で表計算ソフト(Excel等)で管理することが多いです。また、損益の計算期間については、自分の投資スタイルに合わせて、日次や週次、月次、年次などで把握すると良いです(年次は、確定申告において必須)。

・現物取引のトータルリターン=売却損益+配当
・信用買いのトータルリターン=差金決済損益+配当落調整金
・信用売りのトータルリターン=差金決済損益-配当落調整金

投資信託のトータルリターン

トータルリターンは、投資信託においては、ファンドの購入時点から計算基準日時点までの投資期間全体における、累積分配金を含む評価損益のことをいいます。

日本では、2014年12月から投資信託のトータルリターン通知制度が導入され、現在、顧客が保有するファンドの損益状況を一目で把握できるように、販売会社は顧客に対して、年1回以上、トータルリターンを通知することが義務付けられています。

トータルリターン
=評価金額+累計受取分配金額+累計売付金額-累計買付金額