ベーシス取引

読み方: べーしすとりひき
英語名: Basis Trading
分類: 投資手法

ベーシス取引は、現物価格と先物価格の差である「ベーシス(Basis)」に着目して利益を得る取引手法をいいます。これは、株価指数先物と現物株バスケット、債券先物と現物債、商品先物と商品現物などにおいて行われるものです。

ベーシス取引の種類

ベーシス取引には、ロングベーシス取引とショートベーシス取引の二つがあります。

|ロングベーシス取引|
「ベーシスの買い」とも言い、該当市場において、現物を購入すると共に先物を売り建てる取引のこと。

|ショートベーシス取引|
「ベーシスの売り」とも言い、該当市場において、先物を買い建てると共に現物を売却する取引のこと。

ベーシス取引の実践

ベーシス取引では、ベーシスが拡大したら、将来的に縮小することを見込んで、現物を売却して先物を買い建てる「ショートベーシス取引」が行われます。

逆にベーシスが縮小またはマイナスになったら、将来的に拡大することを見込んで、現物を購入して先物を売り建てる「ロングベーシス取引」が行われます。

そして、予想通りにベーシスが縮小または拡大すれば、反対売買によって利益を上げることができます。