政府四演説

読み方: せいふよんえんぜつ
分類: 日本経済|政治

政府四演説は、毎年1月に召集される日本通常国会(または通常国会に代わる特別国会)において、内閣総理大臣国務大臣が行う4つの演説のことをいいます。これは、1952年の第15回国会から慣例的に行われているもので、内閣総理大臣の「施政方針演説(所信表明演説)」、外務大臣の「外交演説」、財務大臣の「財政演説」、経済財政政策担当大臣の「経済演説」の4つがあります。

一般に政府四演説では、質疑は演説から1日おいて、衆議院と参議院の両院で3日間行われます(1日目は衆議院〔午後〕、2日目は参議院〔午前〕と衆議院〔午後〕、3日目は参議院〔午前、午後〕)。また、通例として、質疑の前日に議院規則に基づき、各会派から議長あてに質疑通告が提出され、これには質疑を行う案件や質疑者、質疑時間、答弁要求大臣などが記されています。