国勢調査

読み方: こくせいちょうさ
分類: 日本経済|調査・報告

国勢調査は、1920年(大正9年)以来、日本に住んでいる全ての人を対象に5年に一度、全国で一斉に実施される、日本の人口や世帯の実態を明らかにする「国の最も基本的な統計調査」をいいます(国勢とは、国の情勢という意味)。これは、統計法(日本の統計に関する基本法)において、5年ごとに実施と規定されており、その調査結果は、選挙区の画定や議員定数の基準、地方交付税交付金の算定の根拠となるなど、民主主義の基盤を成す統計を提供しています。また、国民の生活設計や企業の事業計画、学術研究機関の実証研究など、社会経済の発展を支える基盤となる統計も提供しています。

現在、国勢調査の結果は、「国勢調査報告」にまとめられ、個人や世帯を調査対象として、社会経済の実態を捉える標本調査の標本抽出のために活用され、公的統計の体系整備に必要不可欠な情報を提供しています。

調査期日

10月1日午前0時現在(南北に細長い日本列島の気候風土、風俗習慣、人々の経済活動などを勘案して定められている)

調査対象

日本に常住する全ての人(外国人を含む、報告義務あり)

主な調査項目

●世帯員に関する事項

氏名、男女の別、出生の年月、世帯主との続き柄、配偶の関係、国籍、現住居での居住期間、5年前の住居の所在地、就業状態、所属の事業所の名称及び事業の種類、仕事の種類、従業上の地位、従業地又は通学地

●世帯に関する事項

世帯の種類、世帯員の数、住居の種類、住宅の建て方

調査の流れ

総務省-都道府県-市町村-指導員-調査員-世帯

※指導員及び調査員は、総務大臣が任命する非常勤の国家公務員

調査結果の利用状況

・法定人口としての利用
・行政施策の基礎資料としての利用
・学術、教育、民間など広範な分野での利用