親子リレー返済

読み方: おやこりれーへんさい
分類: ローン|返済

親子リレー返済は、住宅ローンなどで一定の要件のもと、同一のローン契約を親子(親孫)で連携して返済する方法をいいます。これは、ローンを申し込む際に、子や孫などを後継者(連帯債務者)とし、将来、高齢などにより申込者本人の返済が難しくなった時に、子や孫が残りのローン債務を引き継いで返済するという仕組みになっています。

一般に親子リレー返済は、独立行政法人住宅金融支援機構のほか、民間の金融機関でも取り扱っているところがあります。現在、住宅金融支援機構の長期固定金利住宅ローンの「フラット35」では、以下の要件に当てはまる人を後継者にすることにより、申込時に70歳以上の人でも申込みができ、また申込者本人の年齢にかかわらず、後継者の申込時の年齢により返済期間を計算できる制度となっています。

<フラット35の親子リレー返済の後継者の要件>

・申込者本人の子孫等(直系卑属)またはその配偶者で定期的収入のある方
・借入申込時の年齢が70歳未満の方
・連帯債務者になることができる方

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。