債権

読み方: さいけん
分類: ローン|債権

債権は、ある者(債権者)が他の者(債務者)に対して、一定の行為(給付)を請求することを内容とする権利をいいます。この給付債権者から見た場合が「債権」、債務者から見た場合が「債務」となります。また、給付については、財貨でも、労務を供するものでも、一定の行為をしないという不作為でもよく、具体例としては、金銭の支払いの請求や、物の引渡しの請求などが身近な債権として挙げられます。通常、債権は、財産的利益を内容とする権利であることから財産権の一つであり、また請求権でもあります。

現在、日本の民法では、債権の発生原因として、契約、事務管理、不当利得、不法行為の4つを規定しています。この中で、当事者間の合意により発生するものを「約定債権」と言い、契約による債権が該当します。一方で、法律の規定により発生するものを「法定債権」と言い、事務管理、不当利得、不法行為による債権が該当します。また、債権は、民法で目的に応じていくつかの下位概念があり、具体的には、特定物債権、種類債権、金銭債権、利息債権、選択債権が規定されています。

なお、債権には一般的に、給付保持力(債権者の履行による給付を保持しても不当利得とはならない効力)、訴求力(訴訟手続で債権を実体法上の権利として確認できる効力)、執行力(確定判決を債務名義に執行しうる効力)があるとされます。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。