株主配分

読み方: かぶぬしはいぶん
分類: 会社・経営|株主還元

株主配分は、企業が稼いだ儲け(利益)の中から株主に還元することをいいます。これは、企業が得た利益を配当や自社株買いなどで株主に配分することを指し、通常、企業は株主から払い込んでもらった資本を元手に事業を展開するため、そこで得た利益を株主に還元する必要があります。また、配当とは、企業が事業を通じて得られた利益を株主に対して分配することをいい、一方で自社株買いとは、上場企業が自ら発行した株式を市場から買い戻すことをいいます。

かつては、日本の企業においては、配当が主な株主への配分手段で、配当性向(企業の純利益の内、いくらを配当に回したかの比率)を株主配分の主な目安にしている企業が多かったです。しかしながら、時代の変化の中で、外国人投資家やファンドなどの物言う株主の増加によって、次第に株主を軽視することができなくなり、配当だけではなく、自社株買いも機動的に活用するようになりました。そして、今日では、配当と自社株買いの合計額の純利益に対する比率である「総配当性向」を重視する企業が増えています。