株主優待

読み方: かぶぬしゆうたい
英語名: Complimentary goods for shareholder
分類: 会社・経営|株主

株主優待は、配当とは別に、株主に対して行なう特典のことをいいます。これは、株式会社(上場企業)が一定数以上の自社の株式権利確定日に保有していた株主に対して、持ち株数に応じて、自社製品やサービス、商品券、優待券などを無料で配布する「優待制度」のことをいい、また権利確定日は、決算期末か中間決算期末、あるいはその両方となっています。

一般に株主優待は、上場企業が、自社や自社製品の知名度向上、個人株主の安定化や拡大などを狙いとした「株主還元策(株主優遇策)」の一つで、現在、その内容は非常に多彩となっています。また、本制度に関しては、実施に対する法的な義務はなく、また諸外国ではほとんど行われておらず、基本的に日本独自のものとなっています。

なお、日本株などのファンドを運用する投信会社委託会社)では、この株主優待の処理において、受託会社(主に信託銀行)と協議の上、換金可能なもので換金することが合理的なものについては、現金化して信託財産に繰り入れることになっています。また、その処理にあたっては、投資信託協会の規則を踏まえ、各委託会社が取扱規則を定めて対応しています。

<人気の株主優待>

・日本マクドナルド:優待食事券
・吉野家ホールディングス:食事優待券
・ゼンショー:食事券
・カゴメ:自社商品(食品・ジュースなど)
・伊藤ハム:自社製品(ハムなど)
・イオン:株主優待カード(オーナーズカード)
・オリエンタルランド:株主用パスポート
・全日空:ANAグループ優待券 他