株主名簿

読み方: かぶぬしめいぼ
分類: 会社・経営|株式

株主名簿は、株式の発行会社が自社の株主を把握するために作成する決定帳簿をいいます。これは、会社法により作成が義務づけられているもので、具体的には、株主の氏名や住所、保有株式数、取得年月日などが記載されています。

通常、株式を取得した場合、株主名簿管理人を通じて、発行会社に対して名義書換の手続きが行われることで、株主名簿に株主として記載されます。また、上場企業の株主名簿の書き換えについては、株式等振替制度の導入により、2009年から原則として、証券保管振替機構から株式発行企業への「総株主通知」の交付をもって行われることになりました。

なお、外国人株主については、株主名簿では多くの場合、名義人である保管銀行名までしか把握できないため、発行会社(上場企業等)は、実際に株式へ投資を行なっている者(機関投資家や運用会社、ファンドなど)を細部まで特定する「海外株主判明調査ビジネス」などを利用しています。