株式とは何か?

株式とは、企業(株式会社)の資本の構成単位であり、株式会社が発行する出資証券をいいます。法律上は、株主としての地位である「株主権」を指しますが、通常は、株券(出資証券)そのものを指して「株式」と呼ぶことが多いです。

一般に資産運用(株式投資)において、「株式を持つ」ということは、その企業にお金を出すことであり、また間接的に、その企業の経営に参加することを意味します。

※2009年1月の株券電子化の実施により、上場株式に係る株券は全て廃止され、「社債、株式等の振替に関する法律」に基づく、コンピュータ上の登録データでの管理に移行されている。

株式と社債の違いは?

上場企業は、事業を行なっていく上で、株式だけではなく、社債も発行することがあります。では、株式と社債は、一体どこが違うのでしょうか? 一番の大きな違いは、株式が返済の義務がないのに対して、社債は返済の義務があることです。以下は、株式と社債のそれぞれの特色について、簡単にまとめてみました。

|株式について

・出資証券(有価証券
・企業は、株主に対して返済の義務がない
・株式の換金は、売却による

|社債について

・借用証券(有価証券)
・企業は、社債の所有者に対して返済の義務がある
・社債の換金は、償還もしくは売却による

株主になるということは?

証券会社に口座を開設して、上場企業が発行する株式を購入すれば、誰でもすぐに株主になることができます。では、株主になるということは、一体どういうことなのでしょうか? これは、資産運用において、株式を持つ上で非常に重要な概念です。以下は、株主になった場合の権利や義務、責任について、簡単にまとめてみました。

|株主の権利について

・経営に参加する権利(株主総会への出席)
配当を受ける権利(会社利益の還元)
・残余財産の分配を受ける権利(会社の解散時)
新株を引き受ける権利(新株の取得)

|株主の義務について

・出資する義務(株式を買った時点で完了)

|株主の責任について

・出資額の範囲内の責任(企業の倒産時は出資額だけロス)