株式市場の指標は?

世界経済の中で、国内外の株式市場は、様々な要因を織り込みながら日々動いています。通常、株式市場(マーケット)を見る場合には、「市場全体の動き」と「個別銘柄の動き」の2つをチェックすることが必要です。実際に、これらの指標を総合的に見ることにより、マーケットの動きを理解することができます。また、一つ一つの指標を分析することにより、マーケットの個別要因を理解することもできます。

一般に株式市場をチェックする際には、どちらの指標も重要ですが、ここでは「市場全体の動き」を示す指標を見てみたいと思います。以下では、株式市場の代表的な指標について簡単に整理してみました。

株式市場の水準を見る指標

国内外の株式市場の水準を見る指標には、以下のようなものがあります。

|日本の株式市場を見る指標

日経平均株価
-日本の代表企業である225銘柄の修正平均株価
TOPIX
-東証一部全銘柄の時価総額の加重平均指数

|海外の株式市場を見る指標

・米国株の指標
ダウ平均S&P500ナスダック総合指数
・欧州株の指標
FTSE100(英)、DAX(独)、CAC40(仏)、RTS指数(ロ)
・中国株の指標
上海総合指数ハンセン指数
・アジア株の指標
KOSPI指数(韓)、ST指数(シ)、SENSEX指数(印)
・オセアニア株の指標
オール・オーディナリーズ(豪) 、S&P/ASX200(豪)

株式市場の状況を見る指標

株式市場(日本株)の状況を見る指標には、以下のようなものがあります。

|株式市場の活況(エネルギー)を見る指標

売買高:1日に売り方から買い方に渡った株式数の総計
・売買代金:1日の売買高に株価を掛け合せたもの(市場に流入した資金量)

|株式市場の規模を見る指標

時価総額:上場(公開)株式数に株価を掛け合せたもの

|株式市場の売買傾向(物色対象)を見る指標

売買単価:1回当たりの売買単価

|株式市場の騰落状況を見る指標

騰落銘柄数:1日に値上がりした銘柄数と値下がりした銘柄数

|株式市場の参加者の売買動向を見る指標

投資主体別売買動向:1週間毎の投資家別の売買金額

|株式市場の先行きを見る指標

・日経平均先物:期先の日経平均株価の取引
・日経平均オプション:期先の日経平均オプションの取引
・日経平均先物の建て玉と主な手口:株式のプロのスタンス