売買単価

読み方: ばいばいたんか
分類: 指標

売買単価は、株式投資の指標の一つで、日々の株式売買で一株当たりの平均売買金額がどの程度になっているかを示す指標をいいます。これは、「売買代金(円)」を「売買高(株数)」で割ることで求められ、株式市場でどのような銘柄が活発に売買されているかを判断する際の一つの目安となります。

現在、日本株の売買単価は、日本経済新聞(朝刊)のマーケット総合欄に、東証1部と東証2部の数値が記載されています。また、市場分析を行う場合、日々のバラつきをならした「6日移動平均の売買単価」は、相場の転換点や傾向を把握する際の一つの参考となります。

値がさ株の商いが活発になると売買単価は高くなる
・低位大型株に人気が集まると売買単価は低くなる