銘柄

読み方: めいがら
分類: 株式|基本情報

銘柄は、国語辞書では「商品の名称、商標、ブランド。市場で取引の対象となる有価証券や商品の呼び名」と記されています。これは、証券市場においては、売買取引の対象となる有価証券の名称のことをいい、通常、株式の場合は「発行体の企業名」のこと、債券の場合は「回号と発行体の企業名」や「債券の名称」のことをいいます。また、銘柄コードとは、証券コード協議会が独自に仕様を定めている証券コードのことをいい、「株式銘柄コード(4桁+1桁)」と「公社債銘柄コード(1桁+4桁++4桁)」に大別されます。

現在、株式投資において、「銘柄」という言葉(用語)が付くものは結構たくさんあります。例えば、証券取引所では、上場銘柄や制度信用銘柄貸借銘柄監理銘柄整理銘柄規制銘柄日々公表銘柄特設注意市場銘柄などが日常的に用いられています。また、証券金融会社では、貸株超過銘柄貸株注意喚起銘柄貸株申込制限銘柄貸株停止銘柄などが日常的に用いられています。さらに、株価指数では、日経平均採用銘柄や日経株価指数300採用銘柄、日経500種平均株価採用銘柄、JPX日経インデックス400採用銘柄などが日常的に用いられています。