貸借銘柄

読み方: たいしゃくめいがら
分類: 銘柄

貸借銘柄は、株式の信用取引において、証券会社が資金や株が不足している時に、証券金融会社から資金や株を調達する取引である「貸借取引」が行われている銘柄のことをいいます。これは、証券取引所(金融商品取引所)と証券金融会社が定める、制度信用取引を行う際に証券金融会社が証券会社に株を貸し付けることのできる銘柄であり、すなわち、「空売りが可能とされている銘柄」のことを指します(株式の個別銘柄だけでなく、ETFやETN、REITの一部も貸借銘柄に指定)。また、貸借銘柄に対して、制度信用取引において、買い建てのみを行うことができる銘柄を「貸借融資銘柄」と言います。

一般に貸借銘柄は、制度信用銘柄の中から選ばれ、またその中で融資株数(買いの注文)よりも貸株株数(売りの注文)が多くなった銘柄を「貸株超過銘柄」と言います。なお、この貸借銘柄については、証券金融会社の融資残高(買い残)と貸株残高(売り残)が毎日公表されており、株の短期的な需給動向を見る上で重要なデータとなっています。

※現在、日本の証券金融会社は、日本証券金融(日証金)と中部証券金融(中証金)の2社となっている。