株式市場の種類は?

株式は、大きく分けて、「上場している株式」と「上場していない(未公開)の株式」の2つがあります。通常、株式投資をする場合は、取引所に上場している株式が対象で、これらの株式は市場(マーケット)を通して売買され、価格(株価)が形成されます。ここでは、株式市場の種類について、簡単に整理してみました。

株式市場の基本的な分類

株式市場を見る場合、機能別、商品別、市場別、地域別に分類できます。

・機能別の分類
発行市場:新規発行された株式を引き受け、取得者を募集する市場
流通市場:既に発行されている株式を実際に売買する市場

・商品別の分類
-現物市場:上場株式や店頭株式などの現物株の売買を行なう市場
-デリバティブ市場:先物やオプションなどの売買を行なう市場

・市場別の分類
-取引所市場:証券取引所を通して株式の売買を行なう市場
-店頭市場:証券会社の店頭で株式の売買を行なう市場
-私設市場:PTSの認可を受けた私設取引システムで売買を行う市場

・地域別の分類
-日本市場:東京証券取引所、名古屋証券取引所・・・
-北米市場:ニューヨーク証券取引所、NASDAQ、トロント証券取引所・・・
-欧州市場:ロンドン証券取引所、フランクフルト証券取引所、Euronext・・・
-中国市場:香港証券取引所、上海証券取引所、深セン証券取引所・・・
-アジア市場:韓国取引所、シンガポール取引所、ムンバイ証券取引所・・・
-中南米市場:メキシコ証券取引所、サンパウロ証券取引所・・・

日本の株式市場の種類

現在、日本の株式市場には、主に以下のようなものがあり、その中でも、東京証券取引所の「市場第1部(東証1部市場)」が取引の中心となっています。

東京証券取引所
-市場第1部:大企業向けの市場
-市場第2部:中堅企業向けの市場
-JASDAQ:新興企業向けの市場
-マザーズ:ベンチャー企業向けの市場

名古屋証券取引所
-市場第1部:中京地区の大企業向けの市場
-市場第2部:中京地区の中堅企業向けの市場
-セントレックス:ベンチャー企業(新興企業)向けの市場