貸倒リスク

読み方: かしだおれりすく
分類: 会社・経営|リスク

貸倒リスクは、「信用リスク」とも呼ばれ、与信取引において、債務者の経営状態や財務状態が悪化することによって、債権回収ができない状態に陥るリスクのことをいいます。具体的には、商取引や投融資などの債権に対して、取引の相手先(発行先)の倒産や債務不履行等により、元本返済金利の支払いが滞ったり、停止されたりする危険性のことを意味します。通常、現金取引では、取引相手の信用は問題になりませんが、売掛債権(売掛金・受取手形等)が発生する取引相手の信用下での取引や、投融資での貸付債権(ローン)や求償債権(保証債務)などの信用供与に関して、本リスクは常に存在します。

一般に商取引や投融資の与信管理では、取引開始時に取引先を選別すること、各取引先に与信限度枠や与信期間の制限を設け、その制限内で取引を行うこと、継続的に各取引先の経営状況・財務状況・与信状況等をモニタリングし、悪化時に適切な対応を取ることなどが基本となります。また、金融機関や商社、大手メーカー、大手流通会社など、多くの取引先に対して多額の債権を有する企業では、基本的な個別の与信管理以外に、自社で抱える全体のリスクを管理するために、取引先の所在国や業種、社内格付といった切り口で取引先を分類し、与信額やリスクの見積り、貸出金利や取引採算をトータルで管理する手法(クレジットポートフォリオ管理)なども導入されています。