イールドレシオ

英語名: Yield ratio
分類: 金利

イールドレシオは、長期金利株式益利回り(東証一部予想ベース、PERの逆数)で割って求められるものをいいます。これは、長期金利と比べた、株式相場の水準(株式市場全体)の相対的な投資魅力度を判断する際の指標として使われます。また、イールドレシオと似たような指標に「イールドスプレッド」があり、長期金利から株式益利回りを引くことによって求められます。

一般にイールドレシオが低い場合は、株式相場に割安感があり、逆にイールドレシオが高い場合は、株式相場に割高感があると言えます。例えば、長期金利が1.5%で、株式益利回りが3.0%であれば、この値は0.5倍となり、また長期金利が1.5%のままでも、株式益利回りが1.5%に低下すれば、この値は1倍に上昇し、割高感が増すことになります。

なお、長期的な視点においては、株式相場の水準が割安なのか割高なのかを判断する場合には、絶対値のスプレッドの指標であるイールドスプレッドよりも、比率の指標であるイールドレシオを用いた方が適しているという考え方もあります。

・イールドレシオ(倍)=長期金利÷株式益利回り
・イールドスプレッド=長期金利-株式益利回り