イールドスプレッド

読み方: いーるどすぷれっど
英語名: Yield spread
分類: マーケット|分析指標

イールドスプレッドは、本来は「利回り(イールド)の差(スプレッド)」という意味で、利回り面において、株式債券などの有価証券の魅力度を比較する際の指標をいいます。これは、通常、債券同士(債券の銘柄間)の利回り格差を指しますが、その他に、債券の利回りと株式の配当利回りや、債券の利回りと株式益利回りを比較する際に用いられることもあります。

債券同士を比較する場合のイールドスプレッド

償還期限格付けの異なる債券を比較する場合、長期国債を基準に本数値を計算し、その利回りが割高か割安かなどを判断します。例えば、信用力のある国債を基準に、この信用度(格付け)でこの利回りは魅力的だとか割高だとかを判断したり、長期国債を基準に、この残存期間でこの利回りは魅力的だとか割高だとかを判断したりします。また、本数値(格差)から、債券間の価格裁定取引を行うこともできます。

債券と株式を比較する場合のイールドスプレッド

債券と株式を比較する場合、長期債の利回りから株式益利回り(株価収益率の逆数:1株当り利益/株価)を差し引いた数値を用いるのが一般的です。例えば、国内株式市場なら、10年国債利回りから東証一部全銘柄の予想益回りを引いた数値などを用い、株式市場全体(株式相場)が金利水準(長期金利)に比べて、割高か割安かを判断したりすることもできます。

・本数値が小さい(縮小):株式相場は割安、株式投資が有利
・本数値が大きい(拡大):株式相場は割高、債券投資が有利

また、債券の利回りと株式の配当利回りを比較することで、債券と株式の相対的魅力度を判断したりすることもできます。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。