インド・マルチ商品取引所(MCX)

読み方: いんどまるちしょうひんとりひきじょ
英語名: Multi Commodity Exchange of India Ltd (MCX)
分類: マーケット|海外取引所

インド・マルチ商品取引所は、インド共和国のマハーラーシュトラ州のムンバイにある商品先物取引所をいいます。これは、2003年に設立され、同国の経済成長によるエネルギー・貴金属・食糧等の需要増大を背景に、2000年代後半以降、急速に成長し(取引高が増加し)、今日では東京商品取引所を大きく上回る世界有数の商品デリバティブ市場となっています。

現在、MCXでは、Bullions(金、白金、銀)、Plantations(ゴム)、Metals(アルミニウム、銅、鉄鉱石、鉛、ニッケル、亜鉛他)、Energy(原油、ガソリン、天然ガス他)、Weather(カーボン)、Oil & Oil Seed(パームオイル、大豆油他)、Cereal(大麦、小麦他)、Fiber、Spices、Pulsesなど、多様な商品が上場されています。